ケータイ辞書JLogosロゴ 串崎新田(近世)


千葉県>鎌ケ谷市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国葛飾郡のうち。幕府領。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに184石余。享保15年に村立新田として成立し,同年の検地帳では反別86町3反余で,林畑75町6反余・下々畑10町2反余・屋敷4反余,そのほか芝地6町7反余と除地があり,名請人は江戸の商人善右衛門だけ。当地はかつて野馬の放牧場であったので,地味がやせて農業経営が至難であった。神社は八幡社。寺院はなく村民は大野村・市川村などの寺の檀家となった。特産はサツマイモ。明治6年千葉県に所属。同11年東葛飾郡に編入。明治5年の戸数14・人口78。明治22年初富村への飛地は鎌ケ谷村の大字となり,本村は八柱村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293266
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ