ケータイ辞書JLogosロゴ 国吉町(近代)


千葉県>夷隅町

 明治26年〜昭和29年の夷隅郡の自治体名。村制時の8大字を継承。役場は深谷に置かれていたが,昭和16年国府台に移転。明治32年国吉北尋常小学校・国吉南尋常小学校を合併して国吉尋常小学校設置,女子実業補習学校を付設,同33年高等科を併置して国吉尋常高等小学校となる。明治40年大原〜大多喜間に乗合馬車が通じる。大正元年県営人車軌道大原〜大多喜間開通,苅谷駅が置かれた。昭和5年国鉄木原線となり,国吉駅が設置された。同23年苅谷に県立大原高校国吉分校設置,同年組合立国吉病院設立。大正6年の戸数649・人口3,897,昭和29年の世帯数833・人口4,368。昭和29年夷隅町の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293290
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ