ケータイ辞書JLogosロゴ 小浮村(近世)


千葉県>下総町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。古くは大須賀荘に含まれる。はじめ佐倉藩領,寛永17年から高岡藩領。なお,「各村級分」では竜安寺領,「旧高旧領」では幕府領が高岡藩以外に見える。村高は,「元禄郷帳」274石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに348石余。宝永2年「高岡領拾壱ケ村差出シ帳写」によれば,反別下田35町4反余・新下田4町2反余・畑田成1町1反余・高外新下田2町6反余・屋敷1町余・中畑1町4反余・下畑2町3反余,新畑1町余,除地には蔵屋敷・観音寺・水神と稲荷社の神田があり,本年貢のほか川役年貢米3斗・葭場年貢米3石5斗・土手外葭場の葭50束を上納(成田図書館所蔵文書)。弘化2年の家数52(関東取締出役控帳/香取郡誌)。明治8年千葉県に所属。明治22年高岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293681
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ