ケータイ辞書JLogosロゴ 小保田村(近世)


千葉県>鋸南町

 江戸期〜明治22年の村名。安房国北郡,のち平【へい】郡のうち。草分けは6軒百姓と伝えられるが不詳。はじめ里見氏領,元和元年幕府領,以後は佐貫藩領,勝山藩領,佐倉藩領を経て万治3年幕府領,のち白河藩領,忍藩領,会津藩領を経て安政6年岡山藩領となる。村高は慶長15年の検地帳では田畑・屋敷・荒地共28町余,分米は234石余,慶長15年「里見家分限帳」250石余,「正保高帳」では257石余,うち田143石余・畑114石余。「元禄郷帳」310石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに303石余。家数は慶長2年の検地帳で約35,その後増加し宝永7年には上組25・下組76に分郷,計101。天保9年の明細帳では人口569,僧1,山伏2,道心3,ほかに牛82,馬13。地内荒井には年貢米を保管する郷倉があった。農間余業に男は雑木を伐採,女は木綿を買い入れ衣類を織った。神社は山神宮(明治2年安岡神社と改称)。寺院は修験金剛院・真言宗円照院。明治6年千葉県に所属。同5年の戸数100・人口551。寺子屋は両名主家で代々これを受け継いだが,同8年には円照院を教場に当て,小保田学校を開設,教師1,生徒数は男41・女4。明治22年保田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293691
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ