ケータイ辞書JLogosロゴ 篠本村(近世)


千葉県>光町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。延宝年間「東金御鷹場旧記」では旗本稲垣氏・岡野氏の相給,「各村級分」では幕府,旗本本間氏・青木氏・岡野氏の相給,「旧高旧領」では旗本松平氏・岡本氏・本間氏・青木氏・本目氏の相給。村高は,「東金御鷹場旧記」1,021石,「元禄郷帳」1,904石余,「天保郷帳」2,101石余,「旧高旧領」2,092石余。寛永8年に検地が行われた(匝瑳郡地方史年表)。延宝年間字大蒲を開拓し,貞享3年には寅新田,文政年間には上野新田の開拓などがあった(香取郡誌)。栗山川沿岸の村だけに水論も多く寛文11年,享保14年,安永2年などが知られる。文政年間以後,同村は17か村の寄場となる(両総土地改良区史上)。弘化2年の家数199(関東取締出役控帳/香取郡誌)。明治8年千葉県に所属。神社は日吉神社・熊野大神・稲荷大神・白幡大神,寺院は真言宗新善光寺・天台宗慈音寺・日蓮宗弘経寺。明治10年東漸寺に篠本小学校開校,同13年新井校を分校するが,同18年には合併(香取郡誌)。明治13年篠本郵便局開設。明治22年日吉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293895
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ