ケータイ辞書JLogosロゴ 佐津間村(近世)


千葉県>鎌ケ谷市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国葛飾郡のうち。「沙津間村」とも書く(粟野文書/続鎌ケ谷町の史料)。小金領に属す(東葛飾郡誌)。元和2年から旗本本多氏領,元禄元年から舟戸藩領,同16年から沼田藩領,享保15年から田中藩領,なお,いずれも藩主は本多氏。村高は,「元禄郷帳」130石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに153石余。なお,元和6年の検地では,反別20町7反,高93石余(佐津間文書/続鎌ケ谷町の史料)。小金牧のうち中野牧野付村の1つ。寛文5年幕府鷹狩場として下総18か村を選定,そのうちの1村となる。将軍の鹿狩などにも勢子人足を負担している。寛保3年より水戸街道小金宿の助郷村(東葛飾郡誌)。神社は大宮大神,寺院は真言宗宝泉院。幕末期オンベ寺で寺子屋が開かれた。明治6年千葉県に所属。同11年東葛飾郡に編入。明治5年の戸口31・213。明治22年鎌ケ谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293909
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ