ケータイ辞書JLogosロゴ 沢(近代)


千葉県>栗源町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ栗源村,大正13年からは栗源町の大字。明治24年の戸数112・人口480,厩61。同34年北西方台地の旧矢作牧跡に入植開始,落花生・サツマイモなどを栽培,明治末期約30戸。大正12年沢開墾地区(現在の沢開進地区)が形成され,その際同地に神崎神社の勧請をうけて富国神社が創建された。また明治37,8年から宿原への入植もはじまり,大正15年6戸。大正末期から昭和6年前後にかけて小作争議がおこり,黒田寿男らが「農民党」の争議を指導。昭和43年宿原に香南畜産センターが開設され,大規模養豚事業を展開。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293966
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ