ケータイ辞書JLogosロゴ 三川(中世)


千葉県>飯岡町

 戦国期に見える地名。下総国のうち。猿田神社(現銚子市猿田)所蔵の永正6年8月5日の年紀を有する銅板額(県史料金石3)に「矢指浦三川ノ里」とあるのが初見。同日,猿田神社の神輿が「三川浦矢指浜」の「アリ沼四郎左衛門」の家に入輿した際,当地の住人蛙歌・春雨が「神例」に任せて俳諧を奉納したもの。また永禄8年頃と推定される年月日未詳千葉胤富判物断簡(原文書/県史料県外)によると,この頃戦場となったためであろうか,胤富は百姓の製塩を禁止している。しかし,後の天正10年正月の千葉氏役人衆奉書(下総旧事/旭市史3)によると,千葉氏は宮内清右衛門に「さん川」の田5反を与え,製塩をゆだねている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293982
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ