ケータイ辞書JLogosロゴ 下永井村(近世)


千葉県>飯岡町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国海上郡のうち。下長井村とも書く。はじめ幕府領,天和2年からは旗本高井氏領。村高は,「元禄郷帳」173石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに195石余。天保14年の五ケ村書上によれば,家数140,うち農家37・漁家85,ほかに漁期の出稼人400。浜では鰯漁が盛んであった。寛政6年の村絵図(町歴史民俗資料館蔵)に描かれた集落の位置を見ると,海食のはげしい地域であったことがわかる。明治8年千葉県に所属。神社は海津見神社,寺院は真言宗花蔵院。明治22年飯岡町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7294196
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ