ケータイ辞書JLogosロゴ 瀬戸村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。「各村級分」では旗本川口氏領,「旧高旧領」では佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」476石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに549石余。享保8年差出帳によれば,家数97・人数480,馬49,舟数33,うち馬渡船1,佐倉藩の馬継場で,印旛沼対岸土浮村間に渡船が見られる。また,御林3か所・用水溜池2か所・郷蔵1軒があった(区有文書)。文政3年頃の反別田49町余・畑17町余,ほかに新開田畑10町余。同年の年貢は米202石余・永3貫余・鐚10貫余。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。嘉永2年小金牧での将軍鹿狩りには勢子人足53人を出した。神社は宗像神社,寺院は真言宗徳性院・常宝寺,天台宗願定院。明治6年千葉県に所属。同7年瀬戸小学校が開校。同20年同校を廃し,新たに市井尋常小学校が開校。明治22年六合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7294491
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ