ケータイ辞書JLogosロゴ 高生村(近世)


千葉県>海上町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国海上郡のうち。寛文10年にはじまる椿海の干拓によって成立した新田18か村の1つ。当初は後草村が当村の親村であった。はじめ幕府領,明和4年から一部旗本黒田氏領,文化9年から残りの幕府領が安中藩領となる。村高は,「元禄郷帳」700石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに701石余。元禄8年の検地帳によれば反別田64町5反余・畑4町6反余,名請人11。正徳3年の家数18,うち本百姓12・水呑百姓6(旭市史)。神社は干潟3社の1つ椿神社(八幡宮)。明治8年千葉県に所属。明治22年嚶鳴村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7294635
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ