ケータイ辞書JLogosロゴ 富谷郷(中世)


千葉県>白井町

 鎌倉期に見える郷名。下総国埴生【はぶ】西条のうち。寛元元年11月11日付香取造宮所役注文に「瞻男□□(社一)宇 垣(埴)生西内富谷郷役」(香取神宮文書/県史料香取),弘安年間の用途注文にも「瞻男社一宇……作料宮米三十石 垣(埴)生西条内富略(谷)郷本役也 仍地頭越後守実時造進之」(同前)とあり,当郷所役をもって香取摂社瞻男社を造営したこと,地頭は金沢実時であったことが知られる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7295176
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ