ケータイ辞書JLogosロゴ 虎見之郷(中世)


千葉県>一宮町

 戦国期に見える郷名。上総国のうち。天正9年霜月22日里見義頼印判状写(武州文書/県史料県外)に「虎見之郷相渡候」と見える。里見義頼が当郷を,富津の造海城主であった正木淡路守に給付している。なお,郷内に位置したと思われる天台宗東浪見寺には,平安末期〜鎌倉初期の作と考えられる木造軍荼利明王立像がある。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7295213
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ