ケータイ辞書JLogosロゴ 東浪見村(近世)


千葉県>一宮町

 江戸期〜明治22年の村名。上総国長柄郡のうち。文禄元年本多氏(のちの大多喜藩)領,「上総国村高帳」では幕府・旗本土方氏ほか3氏の相給,「旧高旧領」でも変わらず。村高は,文禄3年「石高覚帳」1,305石,「元禄郷帳」1,369石余,「天保郷帳」1,370石余,「旧高旧領」1,472石余。「元禄郷帳」には当村枝郷として新熊村(512石余),下谷村(172石余)が見える。「上総国村高帳」では家数340。江戸中期からイワシの地引網漁が盛んとなり,明治20年頃まで続けられた。明治6年千葉県に所属。同年東浪見小学校創設。同18年の反別501町4反余(上総国町村誌)。神社は東神社,寺院は天台宗遍照寺・観音寺・正満寺・法楽寺(同前)。明治22年東浪見村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7295214
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ