ケータイ辞書JLogosロゴ 成山村(近世)


千葉県>四街道市

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ下総国千葉郡,寛永4年からは印旛【いんば】郡のうち(印旛郡誌)。臼井藩領を経て寛永4年からは佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」62石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに66石余。寛文7年成田街道の大助郷村に指定されたが,頻繁な領主交替や往還時の助郷に苦しみ,享保8年の城主稲葉正知の転出に際しては,通常千葉街道の公儀通行の助郷をつとめているという理由から,周辺12か村とともに臼井宿への助郷を拒否し,騒動となった(四街道町史)。年貢米は主に佐倉城内の椎木蔵に納入したが,文政年間以降は千葉寒川蔵に村年貢米38俵中5俵を納入する規定となった。佐倉藩の五郷組合では中台組合に,文政10年に結成された寄場組合では馬渡組合村に属す。明治6年千葉県に所属。明治22年旭村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7295600
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ