ケータイ辞書JLogosロゴ 萩原村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。はじめ臼井藩領,のち旗本杉浦氏・八木氏の相給,寛文3年から幕府領,元禄10年から旗本阿部氏・飯高氏・川口氏・三枝氏の相給,同14年から佐倉藩領,享保8年から再び幕府領,天明7年幕府・旗本遠山氏の相給,文化8年から旗本有馬氏・遠山氏の相給(石井家文書・中村家文書・林家文書)。村高は,「元禄郷帳」776石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに775石余。寛文年間印旛沼干拓に伴って萩原新田が開発された。また,竜腹寺村の土橋溜用水権をめぐって,しばしば争論となる。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。元和元年には助郷役をめぐって近隣28か村間で訴訟事件が起きた。文化10年の山反別7町余。天保2年頃の反別田53町余・畑11町余・新田畑23町余,年貢は米209石余・永23貫余。天保4年村書上では,有馬氏領分の家数84・人数380,遠山氏領分の家数8・人数40(中村家文書)。同15年茯苓稼の者に鑑札が下付され,毎年有馬氏に上納した。明治6年千葉県に所属。同7年萩原小学校が開校,同15年林多一郎が私立印旛学校を開設。神社は鳥見神社,寺院は曹洞宗慶昌寺,天台宗竜泉院(印旛郡誌)。明治22年六合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7295880
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ