ケータイ辞書JLogosロゴ 松虫村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。寛文年間頃は幕府領,のち旗本川口氏領,元禄14年から佐倉藩領,享保8年から淀藩領。村高は,「元禄郷帳」178石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに176石余。寛文年間印旛沼干拓に伴って松虫新田を開発する。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。延宝2年牛むぐり谷津に用水新溜池が開発され,水利権などをめぐって萩原・瀬戸村との間に協定がなされる。宝永6年山差出帳によれば,山6町余・野地2反余,萩原村との入会地9町余。延享元年頃の反別田13町余・畑5町・新田畑10町余,年貢は米75石余・永600文余。天保9年諸商人職人書上帳によれば,家数21・人数102,うち居酒屋3・穀物屋1・糯屋1・水油屋1・建具屋1(岩井家文書)。神社は松虫神社・六所神社,寺院は真言宗松虫寺・勝蔵院。松虫寺の本尊七仏薬師は藤原時代の造像で,行基作と伝える。明治6年千葉県に所属。同20年湖西尋常小学校が開校。明治22年六合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7296704
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ