ケータイ辞書JLogosロゴ 山田村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。「各村級分」では旗本石毛氏・三橋氏・杉原氏・松波氏の相給,「旧高旧領」では佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」721石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに761石余。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。寛保3年宗門書抜帳によれば,家数141・人数751,馬88(石橋家文書)。天保6年山改帳では,当村は宮後と仲井に二分されており,宮後分持山は14町余となっている(狩野家文書)。天保10年土橋溜池の浚い普請に人足50人を出している。安政3年佐倉藩より八兵衛に酒造鑑札が下付される。明治6年千葉県に所属。神社は宗像神社,寺院は天台宗西定寺・浄土宗円天寺・曹洞宗円蔵寺。明治22年六合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7297342
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ