ケータイ辞書JLogosロゴ 羽村(中世)


東京都>羽村市

 戦国期に見える地名。天文5年の阿蘇神社の棟札に「武州杣保長淵郷羽村」と見え(銘記集),当地は三田氏の領有する杣保【そまのほ】長淵【ながぶちの】郷の東端に位置していた。大田蜀山人の「玉川披砂」に拝島【はいじま】(昭島市)大日堂再建の記載があり,再建者の中に「三田弾正少弼義宗,其弟羽村兵衛太夫義尚」の名が見える。この義尚が戦国末期にこの地を領有し羽村姓を名のったといわれる(羽村町史)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7300966
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ