ケータイ辞書JLogosロゴ 青島村(近世)


新潟県>小出町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,延宝9年幕府領,文久元年からは会津藩領。村高は,寛永9年内検地帳139石余(うち田130石余・畑5石余),「正保国絵図」でも139石余,「天和高帳」103石余,「天保郷帳」242石余。魚野川の流路はしばしば変わったため集落が移転し,貞享・元禄年間頃には魚野川右岸に移転し,享保年間頃は左岸に移動した。天和3年検地帳によれば,田6町余・畑13町余・屋敷7畝余,屋敷持11人。農業のほか,男は薪を切り,川漁・鳥猟を行い,女は白布・縮・小白布・紬を織り,養蚕を行う。また,山漆・里漆木があり,蝋の実・蝋の穂は藩の買上げとなった。貞享元年の家数18,正徳2年には家数27・人数80。寛政10年の家数54,馬19,田176石余・畑65石余。鎮守諏訪神社は,中世の頃には字屋敷割にあったというが,洪水のため集落とともに水沢に移り,のちさらに集落移転のため上之山に移築した。慶長年間以来江戸末期まで青島山入会権,清水川・魚野川江堰用水の水利権などをめぐって青島村・十日町村・虫野村が争論した。明治6年の租税は,本途米34石余,見取米6斗余,山手税米2斗余,鮭役金73銭・糀室税1円50銭・鳥猟税75銭・小役82銭余。同12年北魚沼郡に所属。同18年国道清水線が開通。同20年青島〜小出島間の魚野川に有料の千歳橋架設。同年向山に成田山の分霊を祀って弘越信講社と称し,のち真言宗明王院と称する。同22年市制町村制施行による青島村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305592
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ