ケータイ辞書JLogosロゴ 青田新田(近世)


新潟県>加治川村

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。享保20年に初検地をうけた紫雲寺潟新田の1村で,新発田【しばた】町太平次が後願人として69町余を請地して成立した。金子新田の付村であった。幕府領。村高は,元和元年検地帳,「天保郷帳」ともに337石余。元文元年検地帳によれば,高付けされた反別は29町余,ほかに除地として秣場・萱野・荒砂場などがあり,総反別30町余,飛地が真野原にあった。村内は上青田・下青田に大別される。耕地は金子新田・藤井新田と混在していた。村民は金子新田の鎮守八幡神社の氏子であった。江戸後期には,のちに千町歩地主となった金子新田の白勢長兵衛が当新田内で68石余を所持し,名主を勤めている。明治11年の「小三区村誌」によれば,税地は田33町余・畑2町余・宅地2町余など総計38町余,戸数24・人口124,馬6。同12年北蒲原郡に所属。同18年の戸数21・人口132,倉庫5,田33町余・畑2町余,米233石余(金子村戸長役場村勢一覧)。同22年金塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305601
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ