ケータイ辞書JLogosロゴ 青山(近代)


新潟県>新潟市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ下坂井輪村,明治34年坂井輪村,昭和29年からは新潟市の大字。大正3年までは青山村新田と称した。大正元年越後鉄道(現JR越後線)開通。世帯数・人口は,昭和30年199・1,596,同50年2,441・8,329。昭和3年県道弥彦参宮線開通。同27年国道116号に昇格。同44年北側の砂丘上に新国道が開通,旧国道は主要地方道新潟燕線の一部となる。昭和31年頃から同35年にかけて帝国石油が産業道路を建設したが,のち道路は市へ移管され,現在は国道402号となっている。昭和45年青山小学校,同55年東青山小学校が開校。昭和54年大型スーパーが開店し,新潟交通電鉄線に東青山駅設置。昭和44〜59年にかけ一部が青山新町・東青山1〜2丁目・平島1〜3丁目・浦山1〜4丁目,小針上山・西有明町・松美台・青山1〜8丁目・青山水道・小針1〜8丁目となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305621
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ