ケータイ辞書JLogosロゴ 赤田村(近世)


新潟県>刈羽村

 江戸期〜明治18年の村名。刈羽郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,貞享2年高田藩領,幕府領を経て,宝永3年与板藩領,文政元年からは上山藩領。寛政年間北方が一時期幕府領となった。村高は,「天和高帳」811石余・新田21石余,「天保郷帳」940石余,「旧高旧領」では赤田町方村468石余・赤田北方村472石余。元禄6年村明細帳によれば,御林3か所10町余,御城山1か所,家数109(町方57・北方52)・人数692(出家14・山伏1・本百姓590・無田87),牢人1(国友氏・妻子6),牛馬122,鉄砲1。また,「草生水(石油)出申候,毎年御運上金壱分御上納仕候」とある。天明7年臼谷の用水溜池をめぐり,町方は残水利用によって新田開発を実施しているのに対し,北方は地震などで水口も狭く難渋しているので,水口筋見分を願い出て両地区間に対立を生じ,行政的に二分される原因となった。曹洞宗東福院は寛正2年赤田城主斎藤氏により瑚海禅師が招かれ建立。神社は町方に八幡社,北方に赤田社。明治10年北方・町方に小学校開校。同18年赤田町方村・赤田北方村に分村。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305652
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ