ケータイ辞書JLogosロゴ 赤塚村(近世)


新潟県>新潟市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。枝郷に谷内【やち】新田村・北山新田村・山崎村古新田・坂田新田村・丸山新田村・木戸新田村・藤野木村古料があった。はじめ長岡藩領,元禄16年幕府領,文久3年会津藩領,慶応3年からは再び幕府領。村高は,元和4年御知行目録302石余,「正保国絵図」426石余,「元禄郷帳」302石余,「天保郷帳」1,137石余。慶安2年検地帳(新潟市合併町村の歴史史料編1)によれば,本途358石余・古新田75石余・新田155石余,名請人64。文政12年村明細帳(渡辺家文書)によれば,村高1,137石余,反別140町余,家数171(本家82・無高89),ほかに寺2・庵主1・神主1,人数1,312。用水潟として佐潟・上佐潟が記され,諸役は鳥役永233文余・潟役永460文余・酒役永375文など。北国街道の新潟町と弥彦宿の中間に位置する宿場であったが,参勤交代路から外れていたため,人・馬は定置されず,必要の都度,輪番で村内から徴収された(新潟市合併町村の歴史1)。新潟湊まで5里8町,天保年間の人馬賃銭は本馬180文・軽尻125文・人足94文,嘉永3年には幕府の朱印状や諸藩の往来が激しくなり人馬賃銭の4割増を願い出ている(弥彦神社文書)。村の東部にある佐潟はオニバスの群生地,白鳥の飛来地として知られ,村の用水源で,蓮根採取や魚鳥捕獲にも重要であった。慶長16年鳥役定之事では,捕鳥にはからす網を用いることなどを定めている(新潟市合併町村の歴史1)。庄屋は石黒家の世襲であったが,幕末には中原家に変わった。赤塚たばこの名で知られる煙草栽培は,宝暦元年に花房地方(現妙高村)から当村民が種子を持ち帰ったとも,安永年間に松山新田村(現巻町)の住人が常陸国水戸より種子を持ち帰り,栽培したのが始まりともいう。以後,広く栽培され,特産品となった。神社は,伊弉諾社・神明社・草薙社・十二権現・諏訪明神・富士権現・弁財天。寺院は,曹洞宗大慈寺・真宗大谷派浄恩寺。明治5年大慈寺を借用して小学赤塚校設置。同12年西蒲原郡に所属。同17年連合戸長役場設置。同21年の戸数309・人口1,692。同22年赤塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305670
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ