ケータイ辞書JLogosロゴ 秋成村(近世)


新潟県>津南町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。江戸前期は中津川右岸の段丘上に点在する5か村の総称。本村である秋成村のほか,見玉村・太田新田・谷上ケ新田・反り口村からなる。はじめ高田藩領,元和5年福島正則領,同8年幕府領,寛永元年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」41石余,「天和高帳」「元禄郷帳」ともに61石余,「天保郷帳」では枝村分を含み425石余。元禄7年改村鑑によれば,家数12(庄屋1・本家6・水呑5)・人数82,馬10。神社は十二社。畑がちの村で,用水不足の田は船山村・中深見村と組合をつくり,中津川の上流から堰上げした。のち,文政12年船山大堰の改修後は干損も減った。江戸中期以降は各村が秋成村に吸収され,郷帳類では秋成村1村として扱われるようになった。庄屋も秋成村に置かれた。天保8年津南地方一帯の飢民が起こした百姓一揆では,秋成村の藤次郎宅が打毀に遭った。明治になって,秋山を通り,上州野反池から草津を経て江戸へ向かう通称草津道が開削された。明治7年中深見村と組合で秋成小学校を開校,同9年見玉・田代にも小学校ができる。明治12年からは中魚沼郡に所属。明治10年頃から自由民権運動の活発化に伴い,当村の桑原重政らも国会開設・立憲国家を目指して活動している。同22年秋成村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305693
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ