ケータイ辞書JLogosロゴ 畔屋村(近世)


新潟県>柏崎市

 江戸期〜明治22年の村名。刈羽郡のうち。元和2年藤井藩領,同5年高田藩領,天和元年幕府領,貞享2年高田藩領,寛保元年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,「正保国絵図」290石余,「天和高帳」556石余・新田32石余,「天保郷帳」602石余。寛保3年上大組明細帳では,家数59・人数330,端村の出口20軒。田46町余・畑12町余で,平井・与三【よそう】・上大新田各村に越石。文化年間「白川風土記」では,家数99,端村の釜崎15・出口14・親ケ岸9・提尻8,用水は9か所の堤で不足分は藤井堰東江筋の支流を使用。天台宗より改宗した日蓮宗万福寺と諏訪社がある。明治22年旭村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305763
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ