ケータイ辞書JLogosロゴ 穴沢村(近世)


新潟県>入広瀬村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年三条藩領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保3年からは糸魚川【いといがわ】藩領。村高は,元和4年59石余,天和3年検地帳では本田60石余・新田22石余の計83石余,「元禄郷帳」も83石余,「天保郷帳」112石余。枝郷に柿之木がある。また,「元禄郷帳」「天保郷帳」では当村の枝郷として芋鞘新田・平野又新田が見えるが,それぞれ当村とは別に村高が付されている。元和〜寛永年間には高田藩が当村に会越国境を守る口留番所を置いた。戸口は,宝永3年宗門帳で寺を含めて16軒・159人,享保14年44軒・228人,文化13年71軒・327人,明治9年86軒・344人。字清水に曹洞宗竜沢寺があり,天正9年創立と伝え,天和3年検地帳では3反余の除地を受ける。本堂は明治元年戊辰戦争の兵火に焼かれ,同9年再建した(不動山竜沢禅寺校割簿)。鎮守は守門神社。産業は農業を主とし,男の林業,女の織物が農間に行われた。明治12年北魚沼郡に属す。同22年入広瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305782
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ