ケータイ辞書JLogosロゴ 天野原新田(近世)


新潟県>上越市

 江戸期〜明治22年の新田名。頸城【くびき】郡のうち。当初は天道新田と称していたのを,延宝2年天野原新田と改称したという(渡部恒家文書)。また,一説に,延宝元年に開村したという記録もあるので(明善寺過去帳),延宝年間には成立していたと考えられる。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,寛保元年からは再び高田藩領。村高は,「天和高帳」130石余,「天保郷帳」では本長者原村枝郷とあり同じく130石余。天和検地帳によれば,屋敷数7。神社は諏訪社。寺院は,延宝5年高田から移って来た真宗大谷派明善寺がある。明治6年上稲田小学校の第一分校が明善寺本堂を借用して開校,翌7年校舎を新築し天野原新田校となり,同17年には独立校となる(現三郷小学校)。明治12年からは中頸城郡に所属。同17年当村に連合戸長役場が置かれた。同21年の戸数9・人口46。同22年三郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305824
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ