ケータイ辞書JLogosロゴ 天水越村(近世)


新潟県>松之山町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」16石余,「天和高帳」28石余,「天保郷帳」110石余。天和3年高附手鑑覚控によれば,家数12うち名子1,湯本村九郎兵衛の懸持田があった。安永9年の新田検地高60石余。神社は松苧神社。古くから正月に婿投げの行事が神社の境内で行われてきた。天明3年・天保8年に飢人夫食米拝借願をしている。慶応4年戊辰戦争の時に松代宿助郷として延395人の出役があった。明治5年の戸数122。同8年十王堂を借館し室野校付属分校天水越校が開校,同9年浦田校付属分校となり,同17年浦田校と分離,天水校となる。明治12年からは東頸城郡に所属。同22年松里村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305827
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ