ケータイ辞書JLogosロゴ 阿弥陀瀬村(近世)


新潟県>柿崎町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領。村高は,「慶長国絵図」103石余,「正保国絵図」151石余,「天和高帳」183石余,「天保郷帳」188石余。慶長年間能登の郷士竹内次郎左衛門が当地に来り,阿弥陀瀬・川井の開田に尽くしたと伝えられる。天和検地では,反別田12町余・畑1町余・山4町余,「阿弥陀境内木立古ク相見エ」とある(樫出家文書)。宝暦10年宗門改帳では家数20・人数110(同前)。用水は川田・阿弥陀瀬・荻谷3か村で大沢用水を利用するが,流量が少ないため苦労が多く,水上の平沢村との水争いが絶えなかった。寛文13年・元禄13年・延享元年・宝暦3年と平沢地内の御戸寺呑水江筋による新田開発をめぐって争論が続いた(同前)。寺院は横超寺があったが,寛永年間米山寺村に移転した。明治12年からは中頸城郡に所属。同18年阿弥陀瀬小学校が開校。同21年の戸数18・人口132。同22年下黒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305837
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ