ケータイ辞書JLogosロゴ 鮎川(中世)


新潟県>村上市

戦国期に見える地名越後国岩船郡小泉荘のうち江戸期の上相川村・下相川村にあたる門前耕雲寺の永正6年納所方田帳に鮎川世賀彦左衛門・鮎川世賀大郎左衛門の名が見える(耕雲寺文書)また,戦国期と推定される年月日未詳の越後要害覚に「一,あい川」と見える(米沢古文書集)「慶長国絵図」では,門前川を「あゆ川河」,村名を「上あゆ河村」「下あゆ川村」としており,アユカワがアイカワとなったことがわかる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305843
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ