ケータイ辞書JLogosロゴ 新町新田(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の新田名。魚沼郡のうち。頸城【くびき】郡から移住してきた内山氏が寛永8年に開発したのが創始という。なお,南沢の対岸下塚地内に古屋敷と呼ばれる地名があり,また,中世の街道沿いにも寺院跡があることから,旧村の成立はさらにさかのぼると思われる。内山氏の開発した新田は慶安3年検地を受け,200石が高請されており,順次旧村から住民が移住して新村を形成したと考えられる。当初は上野村の一部であった。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,「天和高帳」239石余,「天保郷帳」254石余。天和3年検地では,反別23町余。元禄7年改村鑑によれば,家数19(庄屋1・本家12・水呑5・寺1)・人数142,馬19。「白川風土記」では,家数45。神社は神明社。寺院は真宗大谷派円成寺。幕末から荷継問屋として丸山家が伸展する。また,明治になってから同家は信濃川舟運と陸運会社とを結ぶ流通の接点として重要な位置を占めた。明治7年新町新田小学校が開校(のち同11年上野小学校に合併)。同8年郵便取扱所が開設。同12年からは中魚沼郡に所属。同22年上野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305911
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ