ケータイ辞書JLogosロゴ 有島村(近世)


新潟県>浦川原村

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「慶長国絵図」では「ある島村」で43石余,「正保国絵図」では在島村116石余,「天和高帳」113石余・新田36石余,「天保郷帳」176石余。天和検地では,反別田9町余・畑4町余・山林3町余,名請人14。安永9年の新田検地で新たに24石余が打ち出された。文久元年当村の又七が,松之山郷の打毀の攻撃対象となった。この頃,地内浦川原には谷川屋・小島屋・油屋・石川屋などの穀商・雑貨商が居を構え繁盛していた。神社は八幡神社。寺院は曹洞宗城鎮寺。明治12年からは東頸城郡に所属。同21年の戸数50・人口300。同22年下保倉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7305954
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ