ケータイ辞書JLogosロゴ 池ケ原村(近世)


新潟県>小千谷市

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」94石余,「天和高帳」216石余・新田13石余,「天保郷帳」248石余。天和3年検地帳では田17町余,畑・屋敷13町余うち屋敷6反余。同年池中新田を分村。宝暦5年の家数58・人数211,馬5(村々様子大概書/石坂家文書)。享和2年水不足のため小千谷組村々により,戸隠・軽井沢・古田に水溜堤が築かれる(山辺村々誌)。文政8年の家数78・人数413,馬5,鎮守は戸隠権現,修験1・諏訪明神・神明宮・観音堂・地蔵堂・阿弥陀堂があり,郷蔵・用水堰もある。また,土地は黒土,稲草は四国・万七・三左衛門・越前餅など,庄屋甚左衛門,与頭仲右衛門,百姓代弥右衛門,近村への道程は小千谷【おぢや】1里半余,四ツ子村26町,池中新田5町,塩殿村へ25町,男は耕作にかかり,女は縮を織る(御手鑑書上/小野坂家文書)。明治8年の税地は田20町余,畑19町余,宅地7反余,地租米67石余。同9年の戸数87・人口496,馬30。同10年の物産は縮布500反(代金1,250円)を生産。明治7年吉谷校分校が観音堂に開校,教員は句読師関嶺宗が勤め,同14年学童増加のため字小川に新築。明治12年北魚沼郡に所属。同22年山辺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306090
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ