ケータイ辞書JLogosロゴ 石田新田(近世)


新潟県>田上町

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。元禄11年加茂組本村新田村開発并方角付帳では正保4年坂田村を親村として開発立村と伝えるが(新発田藩文書),寛永20年新田高付之帳(同前)に「石田新堤新田」(村高8石余・物成5石余)とあり,開発は寛永9年頃から加茂組大庄屋浅野三郎右衛門らによって実施された加茂川下流の新堤普請工事(浅野家文書)にともない旧河川敷を開発して成立したといわれる。「元禄郷帳」「天保郷帳」では坂田村枝郷と注記されている。はじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年からは幕府領。検地は,延宝5年新発田藩検地など。村高は,「元禄郷帳」27石余,「天保郷帳」66石余。戸口は,寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)4軒・62人,寛政元年加茂組人高石高控(市川家文書)9軒・49人。寛政5年加茂組明細帳(古川家文書)によれば,村高27石余の反別は田方4町余・畑3町余・野直場4反余,山はなく,隣村の川船河村と上条村の山に入山し,用水は加茂川上流の上条村川口裏で取水した用水樋を利用し,寺はなく,神明宮と稲荷の2社がある。名主は立村以来加茂組大庄屋が兼帯してきたが,寛政年間頃から村内組頭であった武田津右衛門家が代わって世襲した。明治12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数15・人口89。同22年保明村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306188
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ