ケータイ辞書JLogosロゴ 井随村(近世)


新潟県>潟東村

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ幕府領,のち村上藩領。村高は「元禄郷帳」88石余,享保13年村上領高辻帳1,106石余,「天保郷帳」1,268石余。村の広さは東西14町・南北13町ほど,家数94(北越雑記)。口碑によれば,当地は鷲尾九郎左衛門が開発したといい,その子孫は18代で文化年間に絶家したという(西蒲原郡志)。水利問題をめぐって五野上村との間に紛争が続き,嘉永7年団次郎が犠牲となり,この結果,団次郎下江開削となった(西蒲原土地改良史)。鎮守は諏訪社。寺院は真宗仏光寺派法讃寺。明治12年からは西蒲原郡に所属。同21年の戸数143・人口902。同22年市制町村制施行による井随村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306223
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ