ケータイ辞書JLogosロゴ 泉(中世)


新潟県>栃尾市

 戦国期に見える地名。越後国古志郡のうち。文明末年の長尾・飯沼氏等知行検地帳に「泉」と見え,飯沼遠江守と塚田右京亮の領地になっており,飯沼分は代官の五郎右衛門と西沢が支配していた(上杉家文書)。明応年間の国衙之日記には「百四十文 いつミ殿」とあり,泉在住の有力者が140文の役銭を上杉氏に納入していた(米沢古文書集)。なお,西谷との分水嶺に「殿上」という地名があり,山城跡かと思われるが遺構等未詳。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306238
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ