ケータイ辞書JLogosロゴ 板尾村(近世)


新潟県>安塚町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「慶長国絵図」55石余,「天和高帳」107石余,「天保郷帳」111石余。天和3年の検地では,反別田6町余・畑屋敷4町余・山林9町余,漆木140本。寛保2年成箇割付帳では,村高107石余のうち田高80石余で,山崩れや堤防決壊による損地分5石余,畑高22石余,山漆高4石余,本途物成は38石余。同3年皆済目録によると,米納38石余のうち3分の1金納,願石代など米納15石余・永納19貫余(安塚町誌)。安永9年の新田検地高3石余。神社は諏訪神社。明治5年の戸数19。同12年からは東頸城郡に所属。同22年安塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306287
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ