ケータイ辞書JLogosロゴ 稲増村(近世)


新潟県>板倉町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」241石余,「天和高帳」327石余・新田76石余,「天保郷帳」603石余。寛永20年関川の川原や窪地の開墾地を対象に検地が行われた(中村家文書)。天和3年検地帳(同前)によれば,反別は田22町余・畑3町余,新田開発が進んでいる。文化9年村明細帳(同前)によれば,家数58(高持56・水呑2)・人数330,馬13・牛4,郷蔵がある。関川には鱒・鮭・八ツ目鰻の簗があり,運上場で,近隣の者が入札を行い運上を納めて漁猟を行った。地割慣行が20年ごとに行われており,字名に薬師一反割・薬師半反割・たての割などが残っている。神社は八幡社・諏訪社。寺院は浄土真宗本願寺派(もと真宗大谷派)浄光寺。ほかに薬師堂がある。明治12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数65・人口398。同22年豊原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306441
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ