ケータイ辞書JLogosロゴ 犬神平村(近世)


新潟県>小木町

 江戸期〜明治22年の村名。羽茂【はもち】郡のうち。慶安2年田野浦村の新左衛門が新村として開発を許され,田野浦・江積・西方・宿根木などの村々から百姓が移住して成立。幕府領。村高は,元禄7年検地帳・「天保郷帳」ともに27石余。元禄7年検地帳では皆畑4町余,宝暦2年新田検地帳では新畑1反余・2斗余。寛政元年村細見帳では家数19・人数180。犬神神社・観音堂などがある。「巡村記」では,天保12年の家数19,人数95,高27石余,取米2石余。明治6年の漁業従事者14・採藻従事者3,漁船14・網19,売捌代金は魚20円・藻1円。同9年の産物は大麦40石・小麦2石・麻苧3貫・干鰑1,100・小女子200・海苔300・わかめ40・大根2,000。同15年の戸数19・人口107,耕宅地19町余。同22年岬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306457
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ