ケータイ辞書JLogosロゴ 猪子場新田(近世)


新潟県>栄町

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。「元禄郷帳」には南猪子場新田と見え,「天保郷帳」では「古は南猪子場新田」と注記されている。また,古くは豕場村とも書いた。はじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年幕府領,元治元年からは会津藩領。慶長10年給知方村々高目録には,本乗寺豕場村合25石余,大面豕場村合85石余,向豕場村合126石余,合計239石余と見えるが,その8割5分は荒・水入荒という痩地であった。村高は,「正保国絵図」45石余,天和3年70石余(新発田市史資料2),「元禄郷帳」110石余,「天保郷帳」188石余。安永郷帳によれば,反別28町余,分米55石余,定納大豆11石余。天和3年の戸数24・人数146。明和年間には34軒。猪宮と諏訪社2社があり,のち合祀して猪宮神社という。氾濫が相次ぎ,悪水払いが悩みで,延宝7年21か村で大水門樋を築営。元禄14年さらに水吐けの悪い9か村で中水門樋を造って貝喰川へ落下させたが,なお不十分で,宝暦7年新江の開削を請願したが埒明かず,130年後の明治20年ようやく成就し,堀割1,400間の直江を築造した。明治12年南蒲原郡に所属。農業のほか,男はしゅろ帽子,女はいか糸(木綿糸)作りを副業とした。同22年福多村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306470
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ