ケータイ辞書JLogosロゴ 芋川村(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,同5年福島正則領,同7年幕府領,寛永元年高田藩領,天和元年幕府領。村高は,「正保国絵図」104石余,「天和高帳」103石余,「天保郷帳」133石余。慶長5年上杉遺民一揆の時,肝煎内蔵之助は一時退転(銀山目安)。寛永18年折立村百姓源蔵が上田銀山を発見,内蔵之助の子八右衛門は銀山街道芋川宿の問屋となる。延宝9年指出帳では,白布高4斗8升・青苧高1石5斗余,漆運上・白布役・縮役・川役・かんな役を上納,家数7・人数81,馬9。天和3年検地帳では田7町余・畑6町余。元禄7年指出帳では,反別13町余,漆木12,本百姓10・水呑2,牛馬25,鉄砲3,助郷は三国街道堀之内宿。寛永18年〜正保3年銀山の国境争論,文化2〜7年折立・宇津野両村と山論。米の津出しは小出島河岸。銀山の大鳥沢・中之岐川・袖沢は当村支配の鱒の漁場,毘沙門講がある。氏神は赤城神社,ほかに火伏の地蔵菩薩がある。明治7年の県税は本途米53石余・山手税米3升・鱒税5銭7厘・小役67銭3厘。同年中家校附属芋川校を開校。同9年の戸数50・人口302。同12年北魚沼郡に属す。同22年湯之谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306562
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ