ケータイ辞書JLogosロゴ 芋島村(近世)


新潟県>柿崎町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年からは高田藩領。村高は,「慶長国絵図」219石余,「正保国絵図」339石余,「天和高帳」385石余・新田30石余,「天保郷帳」417石余。天和検地では,上灰庭新田(77石余)分を含み,反別は田25町余・畑8町余・山12町余,漆330,家数40・人数260,馬34(小山家文書)。上灰庭新田の開発は寛文年間以降と推定される。川上にあるため用水には恵まれ,猿毛川・根子屋川・柿崎川から取水,あまらび用水・大江用水・うるし原用水・向島用水・岩手用水などがある。寛保元年・寛延元年・寛政元年・同3年と大江用水などの普請御頼目論見帳を奉行所に提出している(同前)。寛政8年黒岩組村々とともに下条郷蔵までの年貢米の運搬が難渋だとして芋之島分蔵の創設を出願(朝比奈家文書)。鎮守は諏訪大明神。寺院は曹洞宗厳寺。明治5年上灰庭新田を合併したと思われる。同7年大日堂に上小野小学校付属芋之島分校が開校,のち郷蔵屋敷跡に移転。同12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数82・人口523。同22年黒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306574
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ