ケータイ辞書JLogosロゴ 岩沢村(近世)


新潟県>小千谷市

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」253石余,「天和高帳」605石余・新田80石余,「天保郷帳」760石余。天和3年検地帳では田34町余,畑・屋敷37町余うち屋敷2町余。宝暦5年村々様子大概書では,家数193・人数1,030,馬18(石坂家文書)。文政8年の家数308・人数1,536,千曲川の渡し守の家数4・人数16,社人1・修験4,馬28,寺社は真言宗不動寺・禅宗西岩寺・不動堂・観音堂・阿弥陀堂・薬師堂・日月宮・矢放明神・金山権現・諏訪明神,古城跡1,郷蔵1,用水堰3,板橋3,土地は黒土・赤土交り(御手鑑書上/小野坂家文書)。大崩集落は煙草の産地として,元治元年会津の文人紀興之が記した「越後土産」に載る。明治8年の地積は田155町余・畑119町余・宅地15町余・山295町余・野2町余・田荒れ地10町余・その他1町余。同12年中魚沼郡に所属。同22年岩沢村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306621
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ