ケータイ辞書JLogosロゴ 岩室村(近世)


新潟県>浦川原村

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「慶長国絵図」6石余,「正保国絵図」71石余,「天和高帳」51石余,「天保郷帳」82石余。当村はもと岩室寺領であったと考えられる山林を受け継いでおり,寛永年間から長走村・桜島村・山本村が定請していたが,貞享2年3か村との間に山論が発生,畑年貢等を上げることで決着した(深沢家文書)。定請山の山林は畑地に開墾されていたため,この畑地の高入れをめぐって当村と長走村はたびたび争い,のち寛政10年ようやく解決した(浦川原村史)。天和検地では,反別田1町余・畑4町余・山林17町余,名請人8。明和年間のものと思われる山里蝋実穂村別帳(国立史料館蔵)によれば,定納の山蝋実4升余・里蝋穂10貫125匁のほか,臨時納の里蝋穂475匁を吉木(新井市)の蝋点所に納めている。安永9年の新田検地で新たに18石余が打ち出された。神社は白山神社。寺院は真宗大谷派鞍馬寺。明治7年同寺に飯室小学校岩室分校が開校。同12年からは東頸城郡に所属。同21年の戸数16・人口95。同22年下保倉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306664
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ