ケータイ辞書JLogosロゴ 上野村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,「正保国絵図」480石余,「天和高帳」498石余・新田34石余,「天保郷帳」では「古者上野村・上野新田二ケ村」とあり609石余。当初山すそに沿って村立てがあり,江戸前中期東側に新田開発が進んだ。慶安元年寒風新田,寛文2年田麦新田,天和2年田代新田ができ,これらは上野新田と総称された。本村は本町村とも呼ばれた(現在は元町と称する)。天和3年検地では,反別田30町余・畑屋敷17町余。元禄7年改村鑑によれば,家数59・人数338,馬43・牛1,大工・鍛冶・紺屋が各1軒あった。江戸中期に上野新田を吸収したと思われる。また,新田開発に伴う住民の進出に従い,順次本町村と新田(のち上野の中心地となる)の立場が逆転する。市川通りと刈羽街道の交差点で,荷継場としてにぎわい,郷蔵が置かれ,秋には上野市が開かれた。「白川風土記」には,「戸数百十六軒,内四十軒ハ南北両側ニ軒ヲ連ネテ建,七十六軒ハ東西ニ家居シテ,軒並ヒトシカラス」とあり,ほかに端村として田代新田7軒が書き上げられている。神社は諏訪社。寺院は曹洞宗長安寺(塔頭広徳庵・観音寺)・真宗大谷派西永寺(塔頭永徳寺・蓮明寺)。明治元年当村が長岡城を攻める新政府軍方の拠点となった。明治7年上野小学校が開校。同12年からは中魚沼郡に所属。同16年祖師村を合併。同22年上野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306686
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ