ケータイ辞書JLogosロゴ 牛野尾村(近世)


新潟県>下田村

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ村上藩領,寛永16年安田(村松)藩領,明治3年からは新発田【しばた】藩領。村高は,「正保国絵図」「元禄郷帳」ともに118石余,「天保郷帳」134石余。寛文検地帳では反別11町余うち田8町余・畑2町余(下田村史)。肝煎は村の開発者とされる藤崎家が近世を通して勤めた。同家は近世初期には横目大肝煎であったといわれ,牛野尾谷6か村(牛野尾・濁沢・早水・葎谷【もぐらだに】・遅場・吉ケ平)を開発したといわれる。しかし,吉ケ平村については別の開村伝説がある。文化11年の家数27。元亀3年開基という常福寺がある。鎮守は天神社。明治6年長野校付属分教場設立。同12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数29・人口199。同22年本下田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306751
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ