ケータイ辞書JLogosロゴ 打越村(近世)


新潟県>中之口村

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。慶長17年沢将監が従者6人を連れて当地に来住,開発を主導したという。はじめ三条藩領,元和9年幕府領,慶安2年村上藩領,享保2年高崎藩領,宝暦2年幕府領,天明2年高崎藩領,寛政12年幕府領,享和元年からは高崎藩領。村高は,元和6年知行目録156石余,「正保国絵図」520石余,「元禄郷帳」693石余,「天保郷帳」2,017石余。村上藩領当時,打越組大庄屋所が置かれ,沢将監の子孫が大庄屋に任じられた。明暦3年村上藩総検地では1,845石余が打ち出された。安永7年の家数167・人数1,258,紺屋役・室屋役・桶屋役を負担している。寛政2年会津藩領猪苗代湖畔開拓のため,数軒が移住。寺院は真宗仏光寺派仏照寺。ほかに三十三観音堂がある。明治12年からは西蒲原郡に所属。同22年打越村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306790
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ