ケータイ辞書JLogosロゴ 宇津俣村(近世)


新潟県>牧村

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「慶長国絵図」1石余,「天和高帳」7石余,「天保郷帳」28石余。天和検地帳によれば,屋敷数4,庄屋は武左衛門。安永9年の新田検地高20石余・反別5町余(牧村郷土誌)とあり,開田が進められている。鎮守は諏訪神社。佐藤総本家の守護本尊の地蔵堂がある。山間部に鷹羽鉱泉があり,天然ガスが噴出し,湯治場となっている。ここに水戸藩浪士1人が住みつき,博学で医術に通じ,「ムジナ医者」と呼ばれていたという。また,近くに長者屋敷の地名があるが,これは地主の屋敷跡といわれている。明治12年からは中頸城郡に所属。同16年小学校宇津校が開校。同22年東頸城郡川辺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306816
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ