ケータイ辞書JLogosロゴ 卯ノ木村(近世)


新潟県>津南町

江戸期の村名魚沼郡のうち下船渡村10か村の1つ信濃川右岸,清津川下流左岸初見である寛永4年の倉俣村・川北村の清津川における漁業権訴訟文書には宇ノ木とあるはじめ高田藩領,元和5年福島正則領,寛永元年高田藩領,天和元年からは幕府領村高は,「正保国絵図」39石余,「天和高帳」では宇野木村49石余,「元禄郷帳」でも49石余天和2年検地では,反別田3町余・畑1町余元禄7年改村鑑によれば,家数9(本家8・水呑1)・人数98,馬17鎮守は十二社村を通る善光寺街道(市川東通り)には,正徳年間に継立駅ができる宝暦13年干溝村との間に清津川渡船場が設けられ,それまで川西通り主流の交通が川東通りへと移った下船渡村全体を統括する庄屋が下船渡村に置かれ,当村には庄屋が置かれなかった江戸中期に下船渡村の一部となったと思われるが(天保郷帳),その後も独立して扱われることがあった
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306823
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ